松ノ内文福

6F2D5683-7233-4727-AD9B-4B874462D129
AAE2DCB2-EEC4-47BF-BAA2-E1F6D9046FB2
17787F4A-E10F-44EB-A46E-ACB6B43EFC79
FB6A35AC-CAE0-4F30-8C10-CC7036B555A3
D411BFA0-2D79-4B3E-A40F-A632667AF5CD
887061BC-E200-4F56-848C-16E5E7F1261E
6F549343-1609-45C2-A93E-5E56E4374E6F
3F586982-38FA-43BE-819E-BABC32C917A0
B493EF0F-6A18-4E9B-BB3E-A30CA56B43C6
A5AFB2BD-F9DE-4C3A-855D-1F41D49818A7

D84BCBE4-D0A2-47BB-9C6C-F8CDBBE22606
34DF204F-0E4A-4338-A6BB-B9CA20D251A7
9A831621-43CF-469B-80D6-F4D29799676E
202AFF51-B97D-4A9A-BAD6-4E1677A1C930


















858A5626-EA30-428B-9287-E1CDE37B4C1F
36AE1332-29DF-4D24-A7E2-5A8C6C1422BA
822E026F-6561-4ABA-9D6E-E3B3D27098A6














6B2EBC41-B746-4DBE-B0B4-F8DF9F8275DD
24944625-AC79-425F-A5DC-7B0F96929C43















CEB55B2C-D8F0-4A4A-9AB0-0981B5ED4548





🟩
オススメ記事
続きを読む

CEB55B2C-D8F0-4A4A-9AB0-0981B5ED4548
2E176231-5FE4-40C4-A1F9-4130E158A3EC
32689521-1914-4CAB-810E-8D772F14FA0C
55BDC61A-31F2-4196-83EC-DD5CD8F7D05A
8E3D3A84-A7FA-457C-AF92-17E9E9C19649
07FA5D40-4848-43B0-8CBD-FBF8441027B2
063111ED-2D54-4FEF-8F63-0A93034836D8
1D97797B-0EC9-4A56-A116-44442424D889
3AB299AA-C8D5-450F-A41F-848489B02C87
388C2A1D-A69D-47BB-B56B-469B54AAE864

BEC387FC-54B7-4A06-B81F-BDE9A8E7DE9A
29DE924F-7A37-41CC-9ABA-4527D0FC7240
DCB9735E-4218-42BD-B139-37B3927B01CE
DCE0ADA3-DFDB-445B-9AC0-7799CCEB4288
F661A384-A90A-4066-AF4C-3933C91CE62D
317EDCF9-ED0C-4E45-9CFF-11931E5C45D1
1185ADD0-EC3C-41D3-A8FC-407AC8E435DC
801B57A0-5BD9-405A-91AD-9183B97DE8C9
45069048-9E10-4141-94A1-E0D2EC31F6A6
26BE6EB1-DD82-49DA-A0DB-57068F698511

IMG_4335











《塩分を適度にとる人のほうが低血圧だった⁉︎



高血圧や脳卒中の敵ということで、すっかり嫌われてしまった塩分。
「塩はとらなければとらないほどいい」と信じ、徹底的に食卓から除外した人もいるようです。
この "嫌塩" の動きに警鐘を鳴らしたのが、東京医科歯科大学・難治疾患研究所の研究報告です。
四十代の男女二千三百人を調べたところ、今までの常識とは逆に、塩分を多くとっている人の方が、かえって血圧が低いことがわかったというのです。






また、高塩分なのに低い血圧のグループに入る人たちの食生活について、さらに詳しく調査した結果、塩分を多くとっている人ほど食事のバランスがよく、牛乳を多く飲み、アルコールは控えめで適度な運動をしていたといいます。

つまり、塩分のとりすぎはいけないが、極端に嫌うのは逆に食生活のアンバランスを招いてしまう。
塩分を気にしすぎて味気ない食事をするのではなく、いろいろな食品をバランスよく食べ、食生活を楽しむゆとりを持つことが大切なのです。























《ファストフード店の看板には、なぜ赤色が多い?》



ファストフード店の看板には、赤い色を使ったものが多いと思いませんか。
白地に赤いロゴもあれば、赤地に黄色もあるし、パッケージに赤を取り入れている店も。
目立たせるという目的もあるには違いないのですが、赤にはもう一つの心理的効果があるのも、商売上手な人なら知っているのかもしれません。
赤は、食欲を誘う色なのです。
ほかにも感情を高ぶらせる、活動的・積極的にさせる、男性ホルモンの分泌を促すなどの作用もありますが、どれも食欲に結びつきそうな作用ばかりです。









食欲を誘うのは、黄色と緑も同じ。

サラダにトマトやゆでタマゴを入れることがよくありますが、こうすれば赤、黄、緑が三色揃って、なるほど見るからにおいしそう。
"食用増進三原色" とでもいうべき色なのです。そう思って町を歩いてみれば、確かに、赤、黄、緑を使った飲食店も多いようです。










03DD4F4E-F2BB-44A6-865A-B44533C75531
FA8430BC-ABB7-4B59-8D0C-E046BB834BBE
4BBD9931-23A4-4161-84AE-03F136B1503C
5F55D774-C0DC-4766-96A3-ACF39DE4AB9B
7E54BD71-E4BC-436E-A5E7-B991A42F2E36
0328E3AB-5C16-4213-97C0-C5FBE23803CF
E8A3F7F9-F703-4BF3-A5A3-0A1249482230
AA254C45-42D0-4ED1-9BB8-C4683D81B069
55CF83F2-7EDC-4054-98B9-42860490466E
B8279CC1-99C7-440F-A703-79884DC6FF7B

IMG_4335


《人間の脳から「麻薬物質」が出ていた⁉︎》










たいていの人は、自分は麻薬なんかには縁はないと思っているでしょうが、実はそんなことはないのです。
誰でも、体の中でつくっているものなのですから。
強い痛みやストレスを受けると、脳や脳下垂体からエンケファリンやエンドルフィンといった、麻薬と同じ作用を持つ物質が出てきます。
そういえば歯が痛いときなど、初めは我慢できなくても、だんだん痛みが和らぐようなボーっとした感じがしてくることがあります。
そんなときには、これらの麻薬物質が脳から出ているのです。
分娩中には、血液中のエンドルフィンの濃度は通常時の二倍、三倍と増していき、ついには六倍くらいになるそうです。
また、死の苦しみも脳内麻薬物質によって和らげられているようです。
臨死体験で、気持ちのいい夢を見ているようだったと語る人がいますが、それは脳内麻薬物質のせいではないかと考えられているのです。
脳内麻薬物質は、痛みのときばかりでなく強いストレスや激しい運動時にも分泌されます。
マラソンをしているとき、初めは苦しくても、一定の距離を過ぎたあたりからいい気持ちになってくるというランナーズ・ハイ現象。
あれも、脳内が麻薬物質で満たされるせいだといわれています。











《イスラム教圏の女性が顔を隠す「本当の理由」とは?》








アラブをはじめ、イスラム教圏の国々の女性は、いつも体を寸分の隙間なく衣服で覆い、カフィエという四角い布を頭から肩まですっぽりと被って顔を隠します。イスラム教には、女性は夫以外の前では素肌や顔をさらしてはいけないという戒律があり、彼女たちはこれをしっかり守って、外に出ているときだけでなく家の中にいるときも、ああして顔を隠しているのだそうです。アラブの暑さは、文字通り、「脳みそを焼かれるような炎暑」(フリーマントル『革命家』)です。そんな中で、すっぽりと全身を布で覆っていなければならないとは、ちょっと厳しすぎる戒律のように思えます。





続きを読む

06573C42-D46D-4FEF-BCFB-19C852FDB01F2A7909D2-7A42-4411-AF05-B555DDE9AEB5
F61F99FC-9DDC-4D2E-9756-DC9E786F0A22
8D9E2C77-2DE4-4F9A-A900-68B0B7E043E8
3C60529A-22CC-49B5-8765-93EFFBAC17F6
9A206B47-5CC4-4047-A858-45F3B858B522
E1AF9068-D3C0-4F6F-AC08-9D58597FA8FB
781977AA-21F0-4643-9C4A-C81054A9FB84
517B685E-6366-4E13-84BB-423B94E14306
D8605A1A-6F1C-4E9A-9387-8D7F8544E32A

続きを読む

ACDF2A6B-B6B1-4C0A-B34F-6F75A864CBD2
138D1888-B18E-4560-B02C-FD9AA1764E58
29B34142-4917-4466-A9CE-8A619FF5667B
F0C78ACD-77EF-4DB5-9591-DF92247CA908
48BC8256-7AB8-415A-987C-87FA3CD74A46
7E0DA1F8-B1CE-4863-876A-32FE96829802
DE79EBDA-A473-439B-B1C6-B5277CE07099
934441DA-060A-45F3-8FFC-6162BF188FC7
0EE01DC2-0F1B-4437-AC70-EA091691A823
470A685B-B09A-456E-B15B-5C8421DB718C

F2BEAE62-DF6A-4FB5-ACD1-7BB3384E16B4
C846E7D5-3351-48E6-9A10-44B75ADCBB7F
07AA3044-FB58-4474-B6BD-B17FD9058B56
270E0388-54BB-4FB2-82E4-99D8B6CB490B
3BCF72E7-35E5-4D08-940A-E2EB01FD7587
129ED793-7019-4E6D-963F-D08F7795B150
489B44FA-2886-40D5-83A3-CDC525D2BFDD
FE2E2308-15A1-4004-9B45-819CEB52ACD9
C833498B-CCC6-4878-A767-5346FEE42562
3C50BBE8-904F-4E18-A1A0-FB6004FC05CD

↑このページのトップヘ